人気ブログランキング |

ちいちゃんち*

chiyokoie.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

読書♪




週明けの今日は、暑い一日でした。

バスも、ミスドも、そして職場も冷房で冷え冷え。
でも、外に出ると陽射しが強くて、この温度差に身体が悲鳴を上げそうです。
これから、こういう状況がしばらく続くのだから、自分の身体のことは自分で、ちゃんとケアしていかなければいけませんね。






さて、最近読み終えた本は五冊。

わたしの備忘録も兼ねて紹介します。


一冊目。

c0366326_14290832.jpg

「スイート・ホーム」、原田マハさんです。

高台の街にある小さな洋菓子店をめぐる連作短編集です。
疲れたときに、美味しい洋菓子を食べて気分転換をするように、この本でひと息ついて欲しいというマハさんの想いが伝わって来ます。


二冊目

c0366326_14291394.jpg

「メロディ・フェア」、宮下奈都さんです。

化粧品の販売員として、一喜一憂しながらも仕事にやりがいを見出していく、ひとりの女性の物語です。


三冊目

c0366326_14291947.jpg

「あなたは、誰かの大切な人」、原田マハさんです。

歳を重ね、さびしかったり不安だったりを感じている女性が、かけがえのない人に気づいたときの、温かい気持ちが描かれている短編集です。


四冊目。

c0366326_14292559.jpg

「海の見える理髪店」、荻原浩さんです。

表題作を含む、六つの短編から成る本です。
父と息子、夫と妻、母と娘など、それぞれの家族の日々が描かれています。


五冊目。

c0366326_14293216.jpg

「ネメシスの使者」、中山七里さんです。

無期懲役の判決を受けた殺人犯の家族が殺され、犯行現場には「ネメシス」という血文字が残されていた。
遺族による復讐か、それとも死刑宣告をしなかった司法へのテロ行為か。

中山七里さんならではの面白さを、最後まで味わうことができます。
中山七里さんの本は、本当にハズレがありません。





これからますます暑い日がやって来ます。
水分補給をマメにして、この暑さを頑張って乗り切りましょう。



*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



遊びに来て下さって、
ありがとうございます。



ちい(*´∀`)♪


by 01914383i53678 | 2018-06-25 18:22 | 本・雑誌 | Comments(8)

作り置き♪




久しぶりの更新です。

今日は、朝から良いお天気。
梅雨の中休みと言う感じです。


先週は、いろいろと用事が重なったせいか、何かとバタバタしていました。

忙しい中にも、気持ちに余裕を。
わかっているのだけれど、つい気が急いてしまいます。
もっと、大らかにならなくちゃと、反省ばかり。
年を重ねても、なかなか変われないものです。






一昨日のこと。

買っておいた野菜を使って、作り置きづくりをすることに。

外はシトシト雨だったので、こんな日は家でゆっくり台所仕事をしたくなります。


出来上がったものから、テーブルに並べて。

c0366326_16405682.jpg


手作りコロッケ(小麦粉、たまご、パン粉はあとで)
厚揚げの甘辛煮
小松菜としめじのお浸し
コールスロー


たくさんの種類は作れなかったけれど、あると便利で助かるのが作り置きのいいところ。

「みんなの丁寧な暮らし日記」という本の中で、作り置きのことを「心の支え」と言っている方がいました。

本当にそのとおりだなと。




作り置き、真新しいものや手の込んだものは作れないけれど、これからもわが家の味を大切にしていけたらと思います。




*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



遊びに来て下さって、
ありがとうございます。



ちい(*´∀`)♪




by 01914383i53678 | 2018-06-22 09:10 | 台所仕事 | Comments(6)

読書♪




梅雨に入り、良くないお天気が続くと、お休みの日は、家でゆっくり過ごすことが多くなります。

旦那さんは読書室で、わたしはリビング。
それぞれ静かに読書時間を楽しみます。
その間はお互いに干渉しないことが、暗黙の了解になっています。




そんな中、わたしが最近読み終えた本は三冊。

備忘録も兼ねて、簡単に紹介します。


一冊目。

c0366326_16532179.jpg

「毎日っていいな」、吉本ばななさんです。
毎日新聞に掲載されたエッセイが、一冊の本になりました。

住んでいる街が大好きで、ともに過ごす友人や家族をとても大切にしている吉本さん。

「何気ない毎日」が、「毎日っていいな」に変わる方法を教えてくれます。



二冊目

c0366326_16532746.jpg

「ジヴェルニーの食卓」、原田マハさんです。

マティス、セザンヌ、ドガ、モネ。
19世紀から20世紀にかけて活躍した美の巨匠たちが、何を求めながら、何を感じながら多くの作品を生み出したのか。

彼らのそばで、彼らとともに生きた女性たちの視点から、鮮やかに描かれています。


三冊目。

c0366326_16533123.jpg

「あの人の食器棚」、伊藤まさこさんです。

その人の暮らしぶりが良くわかるのが、食器棚です。

伊藤さんが、気になっている方の台所で得意料理を作りながら、その方の食器棚を紹介してくれます。

器好きのわたしは、棚そのものより、中身の方が気になって仕方ありませんでした。







違う部屋にいても、同じ屋根の下。

お互いの気配を感じながら、静かにゆっくり本を読む。

わたしの大切な時間です。





*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



遊びに来て下さって、
ありがとうございます。



ちい(*´∀`)♪


by 01914383i53678 | 2018-06-12 18:57 | 本・雑誌 | Comments(6)

枇杷とお義姉さん♪




昨日のこと。

田舎のお義姉さんから、たくさんの枇杷が届きました。


c0366326_16054708.jpg


旦那さんとひとつ違いの、元気で働き者のお義姉さん。
そして、わたしの大好きなお義姉さん。

お友達が枇杷農家だとのことで、毎年、この時季に送ってくれるのです。

今年は、この枇杷をジャムにしようと決めていて、届くことを楽しみにしていました。




皮をむいて種を取ったら、お鍋に果肉と砂糖を入れて、コトコト煮ます。


果肉が柔らかくなってきたら、さらに煮詰めていきます。


煮始めてから50分、好みのトロミになったら火を止めます。


c0366326_16055061.jpg


粗熱が取れたら、あらかじめ煮沸しておいた保存ビンに詰めて、できあがりです。


c0366326_16055225.jpg


枇杷をジャムにしたのは初めて。

何でも初めては緊張します。


お鍋の中をのぞきながら、うまくできるかな、大丈夫かなと心配で、コンロのそばから離れることができず。

味は…
素材がいいのだから、きっと美味しいに違いない。





お義姉さん。
今年も立派な枇杷をありがとうございます。
さっそく、ジャムにしてみました。
まだ味見はしていないけれど、上手にできたかなと思っています。
お義姉さんの笑顔を思い浮かべながら、パンにたっぷり塗っていただきます。
もちろん、旦那さんと一緒にね。




*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



遊びに来て下さって、
ありがとうございます。



ちい(*´∀`)♪



by 01914383i53678 | 2018-06-11 16:05 | 台所仕事 | Comments(4)

ぬか漬け♪




朝からしとしと雨。
梅雨らしいお天気です。

昨日は一日中暑くてムシムシだったけれど、今日は少し涼しくて助かります。








昨日のこと。

朝ごはんは近くのドトールで済ませ、その足で、有楽町の無印良品に出かけました。

お目当ての商品の在庫が、有楽町店にだけあるというので、行ってみようと言うことに。


そのお目当ての商品とは、こちら。

c0366326_14585241.jpg

ぬかどこです。
こちらは、あらかじめ発酵させてあるので、捨て漬けも必要なく、すぐに漬けることができるというもの。

実は、わたし、以前に2回ほどぬか漬けに挑戦したことがあるのですが、長続きがしなかったんです。

もう、ぬか漬けはやるまいと思っていたところ、このぬかどこのことを知って、これなら、わたしでもできるかなと。


さっそく、きゅうりとナスを漬けてみました。

c0366326_14585962.jpg

このまま、冷蔵庫に入れて12時間ほど。


c0366326_14592391.jpg

出来上がりました。
少し、塩辛いかなと。

だんだん馴染んでくれることを期待して、続けてみようと思います。


 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



遊びに来て下さって、
ありがとうございます。



ちい(*´∀`)♪


by 01914383i53678 | 2018-06-10 14:57 | おうちご飯 | Comments(6)

可愛いもの♪



とうとう梅雨に突入。
雨はいいのだけれど、ジメジメが嫌です。

満員電車で通勤する人たちは、大変だろうなあ。
バス通勤のわたし。
たまに時間より遅れることはあるものの、大きな混雑もなく、この時季は、バス通勤であることに感謝です。







先日の東京ちぃ散歩。

行き先は巣鴨でしたが、地蔵通り商店街の雑貨屋さんから、ちょっと可愛いものを連れて帰って来ました。


c0366326_13232714.jpg


お地蔵さんとクローバーの葉の飾り。

お地蔵さんはわたしが、クローバーの方は旦那さんが選びました。



玄関の下駄箱の上。
昨年、旦那さんからプレゼントしてもらった、子豚ちゃんの隣にちょこんと鎮座。


c0366326_13232935.jpg


何だか微笑ましい光景です。

お地蔵さんの笑顔が、笑顔を誘う。
まさにそんな感じ。






ジメジメが嫌だなと思う気持ちも、この笑顔に癒されて、どこかに吹っ飛んでしまいそうです。



*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



遊びに来て下さって、
ありがとうございます。



ちい(*´∀`)♪



by 01914383i53678 | 2018-06-08 18:30 | 雑貨 | Comments(4)

読書♪




嫌な感じがします。

朝から身体が少しだるくて、仕事も集中してできなかったし、もしかして、暑さ負けかしら。

えっ、もう?
早すぎでしょ、と、自分で自分に突っ込みたくなります。

でも、要注意。
気をつけようと思います。




最近、読み終えた本は六冊。
簡単に紹介させて下さい。

一冊目。

c0366326_16543510.jpg

「おもかげ」、浅田次郎さんです。

商社マンとして定年を迎えた竹脇正一は、送別会の帰りに地下鉄の車内で倒れ、集中治療室に運び込まれ、生死をさまよう。
家族や友人らの思いをよそに、竹脇本人はベッドに横たわる自分の体を横目に、奇妙な体験を重ねて行く。

ずいぶん前に、浅田さんの「地下鉄(メトロ)に乗って」を読みました。
浅田さんは、地下鉄に特別な思いがあるのかもしれません。


二冊目

c0366326_16544115.jpg

「太陽のパスタ、豆のスープ」、宮下奈都さんです。

結婚式を直前に、突然、婚約解消をされてしまった「明日羽(あすわ)」。
失意のどん底にいた彼女に、叔母のロッカさんが提案してのは「ドリフターズ・リスト」を作成することだった。 
やりたいことリストを実行していく中で、少しずつ成長していく明日羽を「頑張れ!」と、応援したくなります。
 

三冊目
「僕の明日を照らして」、瀬尾まいこさん。
四冊目
「空へ向かう花」、小路幸也さん。

この二冊は、宮下奈都さんのエッセイの中で紹介されていたものです。



五冊目


c0366326_16544932.jpg

「フーテンのマハ」、原田マハさんの旅エッセイです。

国内外問わず、思い立ったら、即、旅へ。
マハさんの書く小説は、旅先での数々の出会いから生まれていることが、このエッセイを読むと良く分かります。


六冊目。

「緑の庭で寝ころんで」、宮下奈都さんのエッセイです。

「羊と鋼の森」が、本屋大賞を受賞したときのことや、三人のお子さんが成長していく中での母としての思いなどが、温かい言葉で綴られています。


ここのところ、手にするのはエッセイばかり、
エッセイは、書かれた方の人柄が分かったりするところが面白くて、好きです。

もしかしたら、ちょっぴり小説疲れをしているのかもしれませんね。




*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



遊びに来て下さって、
ありがとうございます。



ちい(*´∀`)♪


by 01914383i53678 | 2018-06-05 16:54 | 本・雑誌 | Comments(6)

金時豆の甘煮♪




今日も、昨日に引き続き暑い一日。

朝から半袖でもいいくらいでした。

今年の夏は猛暑になるらしく、それも長い期間になるとか。

どうなることやら。
水分補給、水分補給と唱える日が続きそうです。




土曜日のこと。

朝活は、前日から準備しておいたお豆さんで煮豆づくり。

午後から実家に行くことになっていたので、父と母にも食べてもらいたくて、朝から張り切ります。

できあがるまでは時間がかかるから、コンロのそばに椅子を持って行って、アク取りしたり、お鍋の中が落ち着いてきたら、座って、読みかけの本を読んだり。

前にも書いたけれど、こういう時間が好きなんです。

旦那さんから、「まだかかるの〜」と、せっつかれながらも、コトコトすること2時間。

金時豆の甘煮ができあがりました。


c0366326_16303311.jpg


できたてをちょっと味見。

ちょっぴり甘さが足りなかったかな。

でも、父と母の身体のためにはちょうどいいかも。
プラス思考です。



まだ、ほんのり温かいお豆さんを抱えて、さっそく実家に向かいます。

受け取った時の母の顔が嬉しそう。
ニコニコです。



こうしてブログを更新しながらも、母の笑顔を思い浮かべて、嬉しくなります。

次は、何を作って、持って行こう。
楽しみが、またできました。



*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



遊びに来て下さって、
ありがとうございます。



ちい(*´∀`)♪



by 01914383i53678 | 2018-06-04 16:30 | 台所仕事 | Comments(4)

東京ちぃ散歩♪



朝から暑い日曜日。

掃除機かけて、玄関先の木や花に水をあげたりしていたら、もう汗がじとぉっと。

今は、冷房つけたリビングでひと休みをしながら、ブログの更新です。




金曜日のこと。

お天気も良くカラッとしていたので、さあ出かけようかということに。

場所は、そうおばあちゃんたちの原宿と言われる巣鴨へ。

前から、ゆっくり行ってみたかったんです。





巣鴨の駅を降りたら、まずは巣鴨地蔵通り商店街をブラブラ。

バラエティ豊かな飲食店やショップか並んでいて、一軒一軒見て行くのも楽しい。

着いたのが、お昼前だったので、ランチはここでと決めていたお店に。

c0366326_09243466.jpg


古奈屋さんのカレーうどん。

おうどんにコシがあって、食べ応え十分。
美味しくいただきました。


腹ごしらえをしたら、巣鴨と言ったらココ。

病気治癒の御利益で知られる、とげぬき地蔵尊  高岩寺へ。

c0366326_09313791.jpg

ご本尊様にお参りしたら、境内にある、洗った所が良くなるという洗い観音様を、わたしと旦那さんもせっせと洗います。

c0366326_09364442.jpg

皆さんは、マイタオルを持っていましたが、持っていないわたし達は、手でゴシゴシ。

腰を洗っては、ここの痛みが取れますように、
頭を洗っては、物忘れがなくなりますように、心の中で祈ります。




見えない何かを信じる気持ち。
信じる信じないは、自分次第。

わたしは、そうだなあ。
信じたいかな。






参拝後も、通りの雑貨屋さんをのぞいたりしながら、巣鴨を後にします。




おばあちゃんたちの原宿は、なかなか面白い所。
おばあちゃんたちだけが楽しんでいては、もったいない場所でした。




東京ちぃ散歩、次回はどこに行きましょう。
楽しみです。



*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



遊びに来て下さって、
ありがとうございます。



ちい(*´∀`)♪


by 01914383i53678 | 2018-06-03 09:10 | お出かけ | Comments(8)

夫婦二人の生活を楽しみながら、暮らしています。 シニア世代に入ったからこそできること、楽しめることを、日記のように綴っていけたらと思っています 。


by ちい